実績/統計
2023/01/25 酢ビ・ポバール 昨年の需給実績 ともに低調推移
2023/01/25 昨年のポリスチレン生産 654千トン 前年比9%減
2023/01/23 昨年のPPフィルム生産、OPP、CPPともプラス
2023/01/23 11月エンジニアリング受注高 6049億円 10.3%増
2023/01/17 発泡スチレンシート、昨年出荷10・4万トン 97.6%
2023/01/17 塩ビ管、11月の生産・出荷実績 マイナス幅拡大
2023/01/16 12月の可塑剤生産 17.7千トン 前年比85%
2023/01/13 ABS樹脂・22年出荷計は282千トン 前年比87%
2023/01/06 カーボンブラック 11月生産 前年比微減 37.7千トン
2022/12/26 酢ビ・ポバール・11月 生産、出荷ともマイナス
2022/12/22 11月のMMAモノマー生産31.9千トン 16%減
2022/12/21 11月のPVC生産109千トン 6カ月連続の前年割れ
2022/12/14 可塑剤・11月の出荷 全品目とも前年比マイナス
2022/12/13 11月のABS樹脂出荷 国内用再びマイナス
2022/12/12 発泡スチレンシート11月出荷、ラミ丼伸びず
2022/12/06 か性ソーダ 10月の生産332千トン 前年比減続く
2022/12/05 10月のカーボンブラック実績 生産・出荷とも前年水準
2022/11/28 10月の酢ビ生産出荷実績 一部を修正・工業会
2022/11/21 10月のPPフィルム出荷13.6千トン 今年初前年割れ
2022/11/21 酢ビ・ポバール 10月の生産、出荷 ともに振るわず
2022/11/18 10月のPS生産4.7万トン 4カ月連続の前年割れ
2022/11/17 MMA・10月の国内出荷13.7千トン 24%の増加
2022/11/17 石化4樹脂、10月の生産・出荷振るわず
2022/11/17 エチレン・10月の生産47万トン 前年比▲15.2%
2022/11/16 塩ビ樹脂 10月の生産133千トン 5カ月連続前年割れ
2022/11/16 塩ビ管・継手 10月の生産、出荷 ともに振るわず
2022/11/15 可塑剤10月の生産157千トン、前年比23%減
2022/11/10 発泡スチレンシート・10月出荷 前年割れ
2022/11/10 ABS樹脂・10月の国内出荷15.9千トン 前年並み続く
2022/11/07 カーボンブラック・9月生産47.6千トン 93.4%
2022/11/04 クラレ、エコバランス国際会議で独自システム発表
2022/10/27 9月の酢ビ生産42.7千トン106%、PVAは振るわず
2022/10/24 9月のPPフィルム出荷実績、CPPの好調続く
2022/10/21 9月のポリスチレン生産 4万トン台 前年比67%
2022/10/20 9月のMMAモノマー出荷 14%の増加、輸出が堅調
2022/10/20 石化4樹脂の9月出荷・近年最低レベル
2022/10/20 9月のエチレン生産量405千トン 前年比24%減
2022/10/19 塩ビ樹脂 9月生産123.5千トン 4カ月連続前年割れ
2022/10/17 可塑剤・9月実績 DINPの生産伸びる、DOPは減少
2022/10/12 9月のABS樹脂、国内用1年ぶり前年比プラス
2022/10/12 発泡スチレンシート・9月出荷は前年比マイナス
2022/10/06 カーボンブラック・8月の生産45.2千トン 96.6%
2022/10/05 か性ソーダ・8月の生産36万トン 前年比98.4%
2022/09/26 8月の酢ビ・ポバール需給実績 前年割れ続く
2022/09/22 石化協 8月のMMA生産 33.1千トン 前年比微増
2022/09/22 8月の塩ビ管生産 15.7千トン 2カ月連続 前年割れ
2022/09/21 ポリスチレン 8月の生産59.1千トン 前年比89%
2022/09/21 8月の塩ビ樹脂生産129千トン、前年比96.0%
2022/09/20 OPPフィルム・8月の出荷前年割れ、CPPは堅調
2022/09/20 8月のフタル酸系可塑剤、国内出荷 前年割れ

次の50件